勝地涼くんメインのブログです♪でも最近、三浦春馬くんもかわいい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーに見てまいりました。りっくんと二人で。
近所のシネコンのポイントがたまっていて、無料で見れる~と思っていたら、3Dはポイント使えないんですって・・・差額300円足してもダメだそうで
でもでも、その前に、いつもガラガラの近所のシネコンが土日祝は一番前の列まで埋まってしまい、ネット予約していかないと見れない状態でした。
(無料のポイント使うには、現地で引き換えなので・・・)

てなわけで、結局定価で鑑賞(^_^;。

いや~、素直に面白かったです!!
途中でりっくんの存在を忘れてました(笑)。いや、りっくんも気配を消して集中していたに違いない!
迷っている方は、映画館で見るべしっです。
3Dのメガネも、私はメガネを長時間していると頭が痛くなるので心配だったのですが、全然大丈夫でした。

多くの方が言ってますが、最初は青い異星人「ナヴィ」がなんだか気持ち悪くてなじまないんですが、最初だけです。
とにかく映像がすばらしい!!ので、すぐ引き込まれます。
是非、映像に集中できる吹替版でどうぞ(笑)。

3Dの背景、惑星パンドラの生態、どれも美しく驚きの連続ですが、私はナヴィたちの表情の豊かさ?に一番驚きました。
すごく繊細な表情なのです。青いのに・・・(笑)
人間の微妙な表情が、ちゃんとエイリアンみたいな青い顔にも見て取れるのです。
なので、すぐに違和感がなくなったのかも・・・
後からパンフ(←買った(^_^;)をみたら、「エモーション・キャプチャー」とかいう技術らしく、俳優の表情もデジタル化してCG処理しているらしいです。
スゴイ・・・
妥協のないこだわりがこれだけすばらしい映像を生み出したのですね。



※以下、ネタバレあり


ストーリーはとっても単純で(それはきっと映像に集中できる配慮に違いない)なんだか、ナウシカとラピュタとガンダムがあわさったような・・・(^_^;。
子どもにもわかりやすかったみたいです。
そう思いながらみていると、CG技術もどんどん進化して、こんな世界が実現できるなら日本のアニメはこれからどうやって勝負していけばいいんだろう、なんてことも考えてしまいました。

単純といいながらも、ホームツリーが倒されるところなんかは涙が出てきちゃったりしました。
(そうすると、3Dメガネが曇ってこまった)

あえてマイナスをあげるとしたら・・・
途中、パンドラの生態を延々と写しているところが若干長く感じられたのと、最後の最後、ジェイクがアバターとして生きていく道を選んだ、というところですかね。
本当の自分と向き合って生きていってほしかったです。
まあ、そのあたりのジェイクの心理についてはほとんどふれられていなかったので、急にそこで掘り下げても不自然だったかもしれません。。。
裏を返せば、そこでジェイクが自分と向き合う道を選ぶことができるような伏線が張られていれば、もうちょっと大人の心もぐぐっとつかむ感動作になったかもしれない、と思いました。

これから世は3D映画の時代になるのでしょうね!
(無料のポイントはいつ使えるのでしょうか)
とにかく、楽しめました^^。



ちょっぴりブラマン・・・

裏切り者はやっぱりメガネの人だった~!!
最初に彼女の子どもの写真が映ってたんですよね。
子ども関係で脅されてるんじゃないかなと思ってました。
めずらしく、予想的中。
・・・それはいいけど、もっと春馬くんを出しておくれ~!!
ヘタレすぎます、シーズン2のファルコン

今回テロリストが全然魅力的じゃないんですよね。
前回は、マヤとJがとっても魅力的だったのですごく盛り上がったのですが・・・
やっぱり悪役が魅力的じゃないのはダメですよね。
マヤも死んでしまってこれからどうなるんでしょう。。。
次回こそは、かっこいいファルコン、もしくは妹とのシーンを満載にしてほしいです。

さあ、今から、レッドカーペットをみるぞ~!!
スポンサーサイト

【2010/02/17 01:52】 | 秘密の扉
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。